京都のフレンチレストラン「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」のflashをご覧頂くには”flash player”が必要です。コチラからダウンロードしてください。

ようこそ「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」へ

                    「 美食の秋 」

時節は早、秋に進むはずが、時ならぬ「残暑」に「秋晴れ」は20日くらいまで「お預け」との予想です。

ただ、天候不順の中、海の幸、山の幸、野の幸etc、そろそろ出揃い「美食の秋」へと誘います。

= アルモニー・グルマン 通年化のご案内 =

毎年「周年月」の特別ディナーとしてお楽しみ頂いておりました「アルモニー・グルマン」ですが、通年化させて

頂くことになりました・・・「WINE & DINE」ワインと料理のマリアージュを心行くまでお楽しみ下さいませ・・・。

今月のアルモニー・グルマン

Wine&Dine

NUITS ST GEORGES.Les Murges (Chauvenet Chopin) '11
ニュイ サン ジョルジュ レ ミュルジュ (ショーヴネ ショパン)

今月のマリアージュのお相手は「秋のジビエ 山鶉のソテー そのジュと赤ワインのソース」をおすすめします。英国とフランスを行き来する欧州産の「ヤマウズラ」、モツ付きで頂戴しております。シンプルかつ丁寧にソテーし、そのヤマウズラのジュをベースに「ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ミュルジュ2011年」を加え赤ワインソース仕上げました、勿論臓物も御一緒にお楽しみくださいませ。繊細でエレガント、それでいて芯の強さのある「ニュイ・サン・ジョルジュ」ワインとは素晴らしい相性となります。是非、お楽しみ下さいませ!!!。

今月のワイン

NUITS ST-GEORGES.Clos de Fouches (J-F.Mugnier) '06
ニュイ サン ジョルジュ クロ ド フルシュ (J-F. ミュニレ)

色調はやや深さのあるルビー色。最初の香りはラズベリー、ストロベリーのまとまりのある黒赤果実香。その中に、大地の香りを感じます。けっこう力強い。さらにその奥にジャムや干し草ニュアンスを感じます。穏やかな酸、角の取れた程良いタンニン量、そして隙間なくベリー系の果実味が舌の上を通って行きます。土や金属的なミネラル感も十分に感じられ、非常に複雑で力強い味わいです、時間と共にあんずのようなジャミーな果実味が存在感を増してまいります。今回ご紹介の「ニュイ・サン・ジョルジュ・クロ・ド・フルシュ2006年」は一級畑「クロ・ド・ラ・マレシャル」の若樹、9つのパーシャル(区画)から造られる9つのキュヴェをブレンドした、いわばセカンド的ワインです。れっきとした一級畑にもかかわらず、村名格にデクラッセしている「ブルゴーニュ」ファンには嬉しい1本でございます。この機会に是非、ご堪能下さいませ!!。